「婚活・恋活が上手くいかない」と思った時に考えるべきこと

MENU

「婚活・恋活が上手くいかない」と思った時に考えるべきこと

婚活を繰り返しても、中々相性の良い男性に会えずにいると、「婚活疲れ」をしてしまいます。
そもそも、自分が何の為に婚活をしているのか、自分にとって婚活とはどのようなものなのかを考えたことはありますか?
漠然と「そろそろ結婚したい」と思うのではなく、幾つかのポイントを踏まえて婚活しましょう。

 

1. 結婚観について

 

貴女にとって結婚とはどのようなイメージがあるのでしょうか。
ゆったりとした一戸建てに住んで、子供を囲んで一家団欒をイメージしているのなら、中々そうはなれないものと思った方が無難です。
裕福な男性と結婚しても、夫が忙しくて家をあけがち、広い家で母親と子供だけ、というケースが多くなります。
また、平均的なサラリーマンの男性と結婚できても、子供が多いとそれなりに生活は大変ですので、妻が働かなくてはならない家庭が殆どです。
子供がいなくて夫婦共働きというのは経済的に充実していますが、それなりに寂しさもあるものです。

 

結婚とは、女性にとって楽ができるものではない、ということを理解しておきましょう。

 

2.相手の結婚観について

 

全ての条件が貴女にとって都合が良い男性が見つかっても、男性の結婚観が貴女と違えばそれだけで思い通りの結果にはならないものです。
しかも結婚観というものは、口に出して語ることは少なく、実際に結婚してから「そうだったのか」と思うようになるのです。

 

結婚相手を探す時には、現在の条件ばかりではなく、将来像をきちんとイメージ出来る人を選ぶことが大切です。

 

3. 自分達だけの問題ではない

 

結婚とは、本人達だけの問題ではありません。
結婚式の席次でもトラブルがあるように、家族・親戚全てが関わる様になります。
貴女がこうしたい、彼がこうしたい、と思っていても、その通りにならないことが今後沢山起こるでしょう。
簡単に「こんなはずじゃなかった」と言うことは許されないのです。

 

自分達の家族や親戚に何かあった時の、お互いの立場について確かめて置きましょう。
いざという時に貴女のことを守って貰える男性でなければ後悔することになります。

 

4. 恋愛感情は最初のうちだけ

 

結婚してしまうと、夫婦の間は恋愛感情というもので測ることはできません。
「好きだ」という気持ちは年月と共に薄れていくものです。
その後に残るものは何かを考えて、相手を選びましょう。

 

信頼関係・尊敬する気持ち・感謝の気持ちを感じることのできる相手を選びましょう。

 

終わりに

 

婚活・恋活をする際には、サイトでマッチングをすることも大切ですが、日々の生活の中で自分に近い男性との出会いのチャンスがある、ということも忘れないようにして下さいね。